精力剤に使用される成分・効き目は?

精力剤の成分ーシナモン

精力剤の成分:シトルリン

シトルリンとは、1930年に日本でスイカから発見されたアミノ酸の一種で、カラハリ砂漠の野生スイカに多く含まれています。

通常、植物というのは砂漠のような水もなく、強烈な太陽光にさらされた状況下では、活性酸素と呼ばれる毒素を大量に発生し、枯れてしまいます。なぜ野生スイカがこのような過酷な環境であっても逞しく生き抜くことができるかといえば、シトルリンを多く含んでいることにほかなりません。

そして更に、植物だけでなく、私たちの体内でも一酸化窒素の産生という非常に重要な役割を担っているのです。

そもそも勃起には一酸化窒素が分泌されることによって起こります。これによって血管が拡張され、陰茎が充血します。

一酸化窒素というと、暖房器具の不完全燃焼による中毒を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょうが、体内においては血管を柔らかくし、血流が改善してくれるので陰茎の充血にも繋がるわけです。

一酸化窒素はアミノ酸の一種であるアルギニンが酵素に反応してシトルリンに変化するときに産生されます。この逆もまた然りで、一酸化窒素サイクルと呼ばれています。

つまり、一酸化窒素の産生を促すことで、精力剤として勃起能力を高めてくれるのです。


精力剤の成分:イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスには様々な効能がありますが、精力剤としての有効成分、それはフラボノイドとギンコライドです。血管を拡張し、血流を増やしてくれます。

勃起するためにはペニスを充血させる必要がありますから、血流改善は重要なポイントです。血流改善の成分なら他にもあるじゃないかと思う方もいらっしゃるでしょう。

ですが、どんなに血流が改善されようと、ペニスに血流が行き届かなかければ効果が薄れてしまいますよね。イチョウ葉エキスの特筆すべき効果はペニスの中の細い血管、毛細血管を拡げるのを得意としているのです。

このギンコライドは、若木の葉や根にしか存在していません。イチョウの葉なら手に入りやすいので、お茶などにする方法もあるようですが、精力剤としての効果を期待するならばサプリメントで摂取した方がいいでしょう。

若木を見つけたからといって、収穫時期や生息地によってギンコライドの含有量は変わるからです。ただ、気をつけていただきたいのは、イチョウ葉エキスにはアレルギー物質であるギンコール酸も含まれています。

5ppm以下であれば問題ないとされていますが、サプリメントだからといって、くれぐれも過剰摂取しないよう注意してください。


精力剤の成分:高麗人蔘

高麗人蔘は高級な漢方素材として知られており、冷え性に悩んでいる女性に最適です。男性にとっては馴染みが薄い素材ですが、実は精力剤によく含まれている素材でもあります。

身体を温めてくれるため、冷えによる血行不良を解消して精力も増強してくれるのです。冷え解消と精力は無関係に思えるでしょうが、実際は非常に関連性が深いのです。

陰茎を硬くする正体は血液であり、その血液の流れが悪ければ陰茎は十分に硬くなりません。硬さが足りないと勃起不全を招いてしまい、性行為を失敗させてしまいます。75%を超える失敗率となると、EDだと診断されます。

高麗人蔘は滋養強壮に最適な素材でもあり、日常的に飲用することで冷え解消、代謝促進、疲労回復などに役立ちます。医薬品のような顕著な副作用はなく、一般的なハーブと比較して機能性は高いものです。

高麗人蔘を含む精力剤を常飲すると、下半身に熱さを感じるようになります。睾丸、鼠径部などを中心として熱くなりますが、これは血流が促進されている証拠なのです。

性的興奮を覚えると、ダイレクトに陰茎が硬くなってくれるはずです。バイアグラなどの医薬品と異なり副作用はないので、薬に頼らず自然素材で精力増強したい方に適しています。


精力剤の成分:オットセイ

精力剤と呼ばれる物には、勃起薬と強壮剤、強精剤の三種類が存在し、それぞれ違う役割を担います。勃起薬はED治療薬とも言われ、購入には病院やクリニックで医師の処方が必要です。

速効性があり、勃起を妨げる酵素の分泌を抑える事で、勃起をスムーズにできるようになります。しかし、精力向上や精子の増加を促すものではありません。

強精剤には男性ホルモンが配合されており、加齢に伴う男性ホルモンの低下で生じた不調を補い、精力を向上させます。強壮剤は滋養強壮剤とも呼ばれ、身体の調子を整え、健康を維持する事で正常な性機能を得る事を目的とします。

オットセイは精力剤の素材として古くから用いられてきた歴史があります。この動物は、1頭のオスが30頭近くのメスを独占する一夫多妻制の生き物であり、繁殖期のオスは1日に100頭にも及ぶメスを相手に子作りを行います。

このように哺乳類の中でも圧倒的な精力を誇る事から、陰茎や睾丸を材料とした精力剤が作られてきました。成分としては、血流改善と精力向上に役立つアミノ酸「アルギニン」が大量に含まれています。

また、体内で生成できない必須アミノ酸も豊富で、EDの改善効果をはじめ健康増進や美容効果にも効果があると言われています。


精力剤の成分:マムシ

精力剤には、男性の性機能を高める様々な成分が配合されていますが、その中でもマムシは昔から活用されている成分の一つです。

マムシは猛毒を持つことで知られる毒蛇で、日本では南方を中心として広く生息しています。科学的に効果が証明される以前から、滋養強壮に効果のある生き物として、酒や料理の材料とされてきました。

現在では、精力増強をはじめ疲労回復や精神安定、生活習慣病予防に効果のある成分が多く含まれている事が判明しています。アミノ酸が豊富で、血流を改善する事で血圧を正常に保ち、心臓の働きをサポートしてくれるのが特徴です。

精力剤にはドリンクやサプリメント、薬など様々な種類がありますが、成分によっては相性の悪い加工方法もあるので、注意が必要です。

マムシの成分を使った製品を購入する時は、抽出エキスの入ったドリンクタイプがおすすめです。栄養素を抽出し加工する際、サプリメントタイプだと加工中に多くの栄養源が失われるため、サプリメントだとドリンクよりも効果が薄いと言われているからです。

また、アミノ酸の効果は長時間持続しないため、なるべく性行為の前に飲用する必要があります。上手に使う事で、昔から利用されてきた成分の効果を得る事ができます。